Admin

鼻歌と妄想によるオリジナル曲を置いています。掲載曲が40曲を超えました!こっそり聴いていってください♪

プロフィール

Chiharu

Author:Chiharu
音楽に関する専門知識ゼロの30代主婦。海外在住。歌うことだけは昔から好きで、合唱経験も6年ほどあり。作詞作曲を(頭の中だけで)はじめたのは中学生のとき。リアルでは誰にも教えていない趣味を、このブログでこっそり公開しています。

好きなもの:合唱、カラオケ、少女漫画、RPG、睡眠、旦那と娘(もうすぐ3歳)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

FC2Ad

 ✤ スポンサーサイト
Posted on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

cetegory : スポンサー広告  ✤   ✤ 
--年--月--日(--)  --:-- by Chiharu
 ✤ 【オリジナル曲】奇跡
Posted on 04.2014

たとえば あの日 あの場所で
君に出逢えなかったら
僕は 今頃 どこで何をしているんだろう

思えば すべてに疲れて 自分を見失っていた
そんな時だったんだ
君が そっと笑いかけて

心のわだかまり すべて溶かすような微笑みに
気づけば 涙 止まらなくなってた

ああ 僕は たったひとりで
ここまで歩いてきたんじゃない
君の その手のひらの温もりに触れて
はじめて 気がついたんだ


たとえば 君が ひとりきり
雨に佇んでいたら
僕は どんな荷物も投げ出して 迎えにいく

そして 差しかけてあげよう
決して壊れない傘を
僕を照らしてくれた あの笑顔のお返しに

君がつまづくとき 支えになれるように
僕だけにできる何かを
いつも 探していよう

ああ 僕は たったひとりの君という
奇跡に逢えたんだ
君の その手のひらを握りしめるたび
痛いほど 強く想うよ


君も もう ひとりじゃない

ああ 僕は たったひとりで
ここまで歩いてきたんじゃない
君の その手のひらの温もりに触れて
はじめて 気づいた

僕は たったひとりの君という
奇跡に逢えたんだ
君の その手のひらを握りしめるたび
痛いほど 強く想うよ


【作った時期】2002年
【構成】ABS ABS CS'S
【お気に入り度】★★★☆☆


「奇跡」の曲(MIDI) クリックしてください

これは大学1年生のときに作った曲です。

私は最近(鼻歌と妄想によるw)曲作りを再開する前に、13年!もブランクがありまして、
この曲はブランク前に最後に作った曲です。
大学生になって、現実生活が忙しくなって
妄想する暇がなくなってしまったんですよね^^;
この曲もサビから作りはじめたものの、歌詞もメロディもなかなか出てこなくて、
「もう若くないし才能が尽きたのかなー」と思いながら作った記憶があります(^◇^;)
十分若かったのにね…。

歌詞は一応1番が過去、2番以降が現在〜未来という
時間の流れがある内容になっています。
曲は…地味なバラードですね。
サビは気に入ってます。

ご意見ご感想をいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 作曲へ
にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 自作歌詞へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:作詞・作曲 - ジャンル:音楽

cetegory : 恋愛  ✤  comments(0)  ✤  trackbacks(0)
2014年12月04日(木)  22:43 by Chiharu
 ✤ Comment






 ✤ Trackback
この記事のトラックバックURL
http://utabiyori157.blog.fc2.com/tb.php/35-a6705380

 ✤  BLOG TOP  ✤ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。