Admin

鼻歌と妄想によるオリジナル曲を置いています。掲載曲が40曲を超えました!こっそり聴いていってください♪

プロフィール

Chiharu

Author:Chiharu
音楽に関する専門知識ゼロの30代主婦。海外在住。歌うことだけは昔から好きで、合唱経験も6年ほどあり。作詞作曲を(頭の中だけで)はじめたのは中学生のとき。リアルでは誰にも教えていない趣味を、このブログでこっそり公開しています。

好きなもの:合唱、カラオケ、少女漫画、RPG、睡眠、旦那と娘(もうすぐ3歳)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

FC2Ad

 ✤ スポンサーサイト
Posted on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

cetegory : スポンサー広告  ✤   ✤ 
--年--月--日(--)  --:-- by Chiharu
 ✤ 【オリジナル曲】青春だった 〜a sparkling moment in my life〜
Posted on 17.2014
遠ざかる君の後ろ姿を
何も言えず 見つめていた
泣き虫の君が 泣かなかった
可笑しいね 瞳潤んだのは僕

もう二度とは戻れないこと
頭ではわかっているのに
心が 君を忘れてくれないまま
季節は巡ってく

ガラスのように 脆く儚い
恋と呼ぶには あまりに幼い
そんな 2人が過ごした日々は
青春という煌めきだった
鮮やかすぎて 胸が痛いよ
確かに 隣で君は笑っていた


自転車で 2人 毎日通った
あのでこぼこ道さえも
今は 綺麗に舗装されて
真新しい制服達が行き交うよ

悲しみや苦しみも 時間(とき)は
切ないほど 美しく変えて
また 僕の目を熱くする
あの日と同じ涙が

迷路のような毎日だけど
あの輝きが 僕の道標
迷える時も 悩める時も
君を想えば また歩き出せる
長い人生(じかん)の ほんの一瞬
確かにあの時 2人 眩しかった


また 僕の目は熱くなる
あの日と同じ涙で

迷路のような毎日だけど
あの輝きが 僕の道標
迷える時も 悩める時も
君を想って 僕は生きてくよ

ガラスのように 脆く儚い
恋と呼ぶには あまりに幼い
そんな 2人が過ごした日々は
青春という煌めきだった
鮮やかすぎて 胸が痛いよ
確かに 隣で君は笑っていた
確かに 君と過ごした青春だった


「青春だった」の曲(MIDI) クリックしてください


【作った時期】2014年
【構成】ABS ABS B' S'S''
【お気に入り度】★★★★☆


自分の中では、ちょっと力作の1曲になりました。

歌詞は青春を振り返るというありがちなテーマですが、
私ももういいトシなので(笑)
結構リアルに書けたかなと思います。
切ないけど、ほんのり暖かい感じのイメージです。

曲も、私は1つのAメロやBメロの中で、
同じメロディの繰り返しを使うことが多いですが、
この曲は珍しく、違うメロディで展開していて、
いつもとちょっと違う雰囲気の曲になったと思います。

この曲はタイトルがなかなか決まらなくて、
悩みに悩んで結局直球にしました。
いつもタイトルって悩みます。
そして、悩んだ挙句に適当につけてしまうことが多いです(^_^;)

ご意見ご感想をいただければ嬉しいです。

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 作曲へ
にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 自作歌詞へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:作詞・作曲 - ジャンル:音楽

cetegory : その他  ✤  comments(0)  ✤  trackbacks(0)
2014年11月17日(月)  22:14 by Chiharu
 ✤ Comment






 ✤ Trackback
この記事のトラックバックURL
http://utabiyori157.blog.fc2.com/tb.php/31-3a4f8354

 ✤  BLOG TOP  ✤ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。